ビジネスグランドワークスの仕事10則とはどのような内容?

ビジネスグランドワークスには研修を行なう上で大切にしている「仕事10則」があります。
研修はオーダーメイド式のものもありますが、おもにこの10則にポイントを置き、研修を通して学べるかどうかを判断しています。

ビジネスグランドワークス10則

  • 1、仕事は時間を管理し、有効活用する者が勝者。モタモタせずに速攻あるのみ。開始5分前には現場に身を置き待機せよ。
  • 2、仕事は必ず複数が同時進行するもの。優先順位と納期の確認を徹底し、やるべきことを事前に把握、万全を期して先手先手でやり遂げよ。
  • 3、仕事は完了までの手順を記し、優先順位をつけて即実行。常に工夫改善でより良い成果を上げよ。
  • 4、仕事は挨拶が第一歩。常に笑顔と明るい声で先手必勝。先にされたらこちらの負けと心得よ。
  • 5、仕事には納期がつきもの。いつまでに…の確認を明確にして納期厳守を徹底せよ。
  • 6、仕事の精度を上げよ。頭と精神(こころ)と体をフル回転、品質・時間・経費全てに完璧を期して取り組め。
  • 7、会議、ミーティングの発言は一番手、必ず手を挙げて声出して、提案・意見は完結明瞭に、内容の充実と時間の短縮を図れ。
  • 8、仕事の全体図を把握したら全力で突っ走れ。何があっても摩擦を恐れず、最後までやりぬく決意と勇気を持て。
  • 9、仕事を楽しめ、難しい仕事ほど真っ先に名乗り出よ。一番手と二番手では天地の差が出る。常に先頭に立ち困難な仕事に立ち向かえ。
  • 10、報告は必要にして十分であれ。口頭および電話・FAX・メモを活用し、生きた情報を5W2Hで速やかに。

ビジネスグランドワークス10則の重要性

ビジネスグランドワークスの場合この10則を読み上げ、研修に参加している社員に暗記させます。
暗記させるなんてとてもじゃないけど無理なのではと思うかもしれませんが、実際この10則を覚えていれば社員として、
企業に必要とされる人財になること間違いないのです。よく読んでみるととても重要なことをまとめています。
ようはこの重要なことができない社員が意外と多いということでもありますよね。

ビジネスグランドワークスの基本としている10則はとても重要なものです。
だからこそ研修後も頭に入れておき何かあるたびに思い出せるようにしましょう。
それだけでも必ずあなたの成長に繋がりますし会社でのあなたの評価もうなぎのぼりになるはずです。
この10則を机の中に入れておけばあなたの階級など関係なく役に立つこと間違いなしです。

ビジネスグランドワークスに頼んでよかったこと

ビジネスグランドワークスは社員の教育・研修を行っている会社です。
今までに年間200社以上の実績があり、研修を受けた会社はたくさんあります。
なかには研修内容に対して納得できない場合もあるようですが、ビジネスグランドワークスに研修を依頼してよかったという声もたくさんあります。
ビジネスグランドワークスで研修を依頼してよかったことにはどのようなものがあるのでしょうか。

ビジネスグランドワークスの研修の詳細

ビジネスグランドワークスの場合過去の研修実績を見ると約89%の人が「講師派遣型研修」を行っています。
残りの11%が「公開型研修」となります。
大半を占める「講師派遣型研修」の場合は主に流通・小売が34.5%、サービス業が32.7%、メーカー12.7%と研修を依頼してきた大半を占めています。
いずれもライバル会社が多く今の時代は商品だけでなく顧客満足度などの重要性も大切にしている企業ばかりだと思いませんか。
ビジネスグランドワークスを利用する会社の多くが社員の研修はしたいけど「何をしていいのかわからない」と迷い依頼をしています。
大手であれば自分の会社でOJTの仕組みがしっかりとしていますが、中小企業になると人財の育成が大切なのは理解できていてもそれを実践するのが容易なことではないのがわかりますね。
その結果、顧客満足度も低くなり店舗や会社としての評価が下がってしまうことに繋がります。

ビジネスグランドワークスに頼んでよかったこと

ビジネスグランドワークスに研修を依頼してよかったことを実際に聞いてみると、

  • ・仕事に向き合い方が理解できた
  • ・仕事に積極性が出た、自分から発言するようになった
  • ・仕事の基本となる報連相や挨拶・敬語・マナーなどの常識が学べた
  • ・部下との接し方がわかり本当の意味でのリーダーになれた気がする
  • ・部下との距離が縮まり、仕事だけでなく私生活の向上にも繋がった
  • ・無駄な残業も減り人件費の節約だけでなく仕事の効率も上がった
  • ・お客様の立場になり仕事をすることの大切さが理解できた

などビジネスグランドワークスの研修を通して学べることが多かったという声も多く聞きます。
経営者側の意見としては「仕事の生産性が上がった」「業績がよくなり黒字決済になった」などの声も。
厳しいと言う意見も多い中ビジネスグランドワークスに依頼して良かったと話す人も多いのです。

ビジネスグランドワークスの研修にはそれだけの価値があり、成長を促してくれる大切な存在です。

ビジネスグランドワークスの社員研修は他の社員研修と比較してどう?

ビジネスグランドワークス社員研修は成長できるいい機会ではありますが、実際のところ他の企業が行っている社員研修とはどうちがうのでしょうか。
実際に社員が成長できるのはどっちの研修になるかなどこれから検討している場合は誰だって気になるはずです。
研修内容に一体どんな違いがあるのでしょうか。

ビジネスグランドワークス社員研修と他の企業の社員研修の違い

まず教育型の研修を行っている企業はビジネスグランドワークス社員研修以外にもたくさんあります。
いずれも研修内容を選べて決まった時間に研修場所に訪れて、専門の講師の話を聞きながらメモを取りなかには研修終了後、どの程度理解できたのかテストや感想文などを提出する「知識集積型研修」となります。参加している社員も意見を述べる場はありますが、
何も発言しなくともその場にいけば研修を受講した=理解したと判断される場合がほとんどです。
この場合研修の後はなんとなくモチベーションが上がりやる気がでたような気持ちになるのですが、実際にそれを実践に移そうとしても思うように形にできない人も多いはずです。あくまでも社会人としての知識を詰め込んだものというのが正しい表現でしょうか。

それに対してビジネスグランドワークス社員研修の場合、まずはただ聞いていれば終わる「知識集積型研修」ではなく「実績型研修」となります。
自分から意見を発言すること声に出さないと研修に参加しているとはみなされません。
知識を取り入れた後はどのぐらい理解できているのか、実践できるのかをビジネスグランドワークス社員研修を通して体に覚えさせます。
その為、研修が終わって会社に戻った後も実務に活かしやすく社員の能力向上はもちろん、すぐに実践できる即戦力なども身につきます。
これがビジネスグランドワークス社員研修の他の企業との大きな違いです。

ビジネスグランドワークス社員研修のやり方は正しいのか?

ビジネスグランドワークス社員研修の方法や内容を聞くと「え!?」と驚いてしまう人もいるでしょう。
それだけ日本人の教育は基本的に受け身のものが多く、小中高大と講義を聞きテストさえクリアできれば何も問題がないとされてきたのです。
ですがアクティブラーニングが若い世代に当たり前となった今、ビジネスグランドワークス社員研修のような自分の意見を述べて積極的に行動する、
考える事の重要性がより求められています。今の20代・30代はこれが弱い人も多いのでビジネスグランドワークス社員研修に参加することはいい機会になるかもしれません。

ビジネスグランドワークス社員研修は他の企業が行なう研修とは大きく異なります。
だからこそ社員のモチベーションに繋がり成長にも繋がるなど、研修の成果を実感しやすいのです。

ビジネスグランドワークスはどんな会社?

最近良く聞く「ビジネスグランドワークス」という会社の名前ですが、なんとなく研修をしている会社とは聞いたことがあるけど具体的にどんなことをしているのか?
またどんな人たちが利用しているのかなど会社としての基本的な情報を知らない人も多いはずです。
「ビジネスグランドワークス」とは主にどんな会社になのでしょうか。

ビジネスグランドワークスの事業内容

ビジネスグランドワークスとは企業の人的資産の向上を目的とした教育型の研修コンサルティングを行っている会社です。
資本金は3000万円、代表取締役である宮﨑 雅吉を筆頭に2004年の5月に設立し本社は東京の銀座、関西事業部は大阪の淀川にあります。

ビジネスグランドワークスのモットーは研修を行なうからには社員が成長できるように結果につながりやすく定着しやすい内容にこだわり、課題や問題解決はもちろんアフターフォローまで尽力を注いでいます。
取引先の事業ととして多いのは「流通・小売業」はもちろん「製造メーカー」「ソフトウェア開発」「土建」などの幅広い分野になり段階別研修や業種別研修など企業に合わせた研修内容を提案&実施しています。

社員の意識改革はもちろん、モチベーションのUP、営業力の強化など幅広い知識や実績に特化しているので研修を通して学べることも多い企業だといえるでしょう。
経営者や人事の教育担当の人が実際に「こんなことが出来るようになればいいのに」という要望を形にしてくれる研修になりますので、人財の成長は結果として会社の成長にも繋がります。

ビジネスグランドワークスの研修は誰でもできる?

ビジネスグランドワークスの研修は幅広い分野に対応しているので、どんな企業でも予算や内容に合わせて行なうことができます。
1名から参加できる異業種型の研修もありますので、会社の全体だけではなくリーダーだけや管理職だけといった研修制度もあります。
人数に制限がないからこそ、誰でも研修を受けたい内容に合わせて選んでもらえるというのがビジネスグランドワークスならではだといえるでしょう。

ビジネスグランドワークスは企業の思いや成長をお手伝いしてくれる会社でもあります。
研修はしたいけどそこまで手がまわらない、社員教育の徹底をしたいと考えている人は是非この会社で研修を受講するのをおすすめします。
研修内容は決してかんたんなことではありませんが、会社全体も必ず成長できるものであることは間違いありません。

社員研修ってどんなことするの?

ビジネスグランドワークスは企業に向けた社員教育・社員研修を行っている会社です。
とはいっても社員研修ってどんなことをするの?そもそも社員研修って本当に必要なの?など気になることってたくさんあると思います。
ビジネスグランドワークスで実際にどんな社員研修が行われているのかご紹介します。

ビジネスグランドワークスの社員研修の中身

ビジネスグランドワークスの研修は「知識集積型研修」と「実績型研修」の両方を行なうことで確かな研修成果を残しています。
「知識集積型研修」とは知識を与える為の研修になり多くの日本教育の基本となっているものです。
ビジネスグランドワークスではこの研修と一緒に日本では少ない知識を行動に変えること、それを成果に繋げる「実践型研修」も取り入れています。
これはビジネスグランドワークスが独自で調査した結果、知識を得るだけでは行動に繋がる人が約2割しかいない結果に基づき、選ばれている方法です。

例えばただ講義を聞くだけの研修ではなく実際に声を出すことも大切にしています。
自己紹介や挨拶は大きな声で相手に伝わるように伝えることの大切さ、仕事の10則を暗記して読み上げクリアできたら合格、敬語や仕事の考え方の知識・実績、自分から手を挙げて発言することなど社員研修の中身は短期間でも社会人としての基本を学べるものばかりです。
少し体育会系の雰囲気はありますが、研修が終わる頃には自分から積極的に発言することの重要性なども経験を通して生かすことができるはずです。

ビジネスグランドワークスの社員研修で学べること

ビジネスグランドワークスの研修では新人社員でも即戦力になる人財をつくりだします。

ただ会社に行き来しているだけのやる気のない社員よりも、自ら発言し向上心を持ちながら仕事ができることはとても重要なことです。
新人社員だけでなく、管理職や勤続年数が長い人だって日々の仕事をしているうちに大切な何かを忘れてしまい、ただ仕事をしているだけの人も多いものです。
ビジネスグランドワークスの研修を通して知識の教育はもちろん、考え方の教育を行ないます。
ビジネスグランドワークスの意識改革を通して成長できるはずです。

ビジネスグランドワークスは1日8時間の研修を約4日間かけて行ないます。
夜21:00までの場合もあれば、翌日は朝の6:00~研修などかんたんなものではありませんが、社員にとっては無料で学べるいい機会になるのではないでしょうか。

リーダーシップとは

会社にとって管理職に重要なことはリーダーシップです。
もともと素質がある人もいればリーダーとして不十分だと感じることもあるはずです。
そもそもリーダーシップとはどのようなことをいうのでしょうか。
素質がない人でもビジネスグランドワークスの研修を通してリーダーシップは生まれるものなのでしょうか。

リーダーシップとはなに?

多くの人にリーダーシップとは何か?と解いた時になんて答えると思いますか?
リーダーシップの定義というのは人によっても異なります。

  • ・多くの社員をまとめて引っ張っていける能力
  • ・意見をまとめ、的確な判断や指示を下す能力
  • ・人格があり部下の為に行動できる経験豊富な人柄

などリーダーのイメージは皆が違うのでとてもじゃないけど一言で説明できないものです。
とはいえどもリーダーシップとは素質の云々で決まるものではありません。

よく【リーダーになる素質がある人】と表現されるものですが実際にリーダーとして最初から完璧な人なんていないのです。
リーダーになるための飛び抜けたカリスマ性も必要ありませんし特別な能力などなくてもリーダーにはなれます。
誰もが身につけて実践できるものなのです。
多くのリーダーも経験を積み失敗・成功を繰り返しながら人間関係を構築しリーダーという地位に立ったに過ぎないのです。

では一番重要なことはなんだと思いますか?

「リーダーであることが自分の仕事だと認識すること」であると考えられます。
この気持ちさえあれば誰だってリーダーになることはできるのです。

ビジネスグランドワークスの研修を通して学ぶ

ビジネスグランドワークスの研修ではリーダーとは何か?意識や知識・実践など研修を通して学び誰でもリーダーとしてふさわしい人間になるためのコースも用意されています。
会社の人事でリーダーになったはいいけど「何をしたらいいのかわからない」「部下との接し方がわからない」と悩む人は多いものです。
人を使うというのは表現がよくありませんが、人との接し方の一つで仕事を円滑に進めたり成長するなどの結果は変わります。
リーダーになる前の人・実際にリーダーになったけど思うような結果を残せない人にも向いている研修になります。

リーダーシップというのはもともとの素質ではなく経験や実績を通して作られていくものです。
ビジネスグランドワークスの研修を通してリーダーとは何か、何を求め考えたらいいのかなど基本を学びリーダーにふさわしい人間になりましょう。

社員研修の目的とは?

ビジネスグランドワークスでは企業でなかなかできない「社員研修」を依頼で受けて代理で行っています。
社員研修の重要性はわかってはいるけど、そこまで時間をとる余裕もない少人数の会社なども増え「仕事はやりながら覚える」なんて考えも広がっています。

ですがこの考えでは本来成長できるはずの人間が成長できず、やる気がなくなってしまうなど会社ならではの問題点も多いのです。

ビジネスグランドワークスの社員研修の目的

会社にとって重要なのはヒューマンリソース=人材資産だと思いませんか?
例えば会社として業績が伸びない・低下している場合どんなポイントを見直す必要があると思いませんか?企業としての利益に対する意識の工場はもちろん社員の能力UPは欠かせないものです。
社員の一人ひとりの能力が上がれば必ず会社の利益へと繋がります。

よく入社直後に新人研修を行ったのだから必要ないのでは!?という人もいます。

ですが実際に入社した時は「仕事に前向き」「積極性」があった社員もさまざまな持ちエーションの変化により「最低限の仕事」「成長意欲がない」など入社当時の気持ちが維持できない場合も多いのです。
その為社員研修の正しい形は、「定期的に行なうこと」です。
定期的に研修を受けることで仕事に対する姿勢も変わりますし、今の自分に不足していることに気付けるようになるのです。

ビジネスグランドワークスの社員研修はこんなにすごい!

ビジネスグランドワークスは企業ごとに求める社員研修を形にしています。

会社の規模や業務内容が違えば同じ研修を行ったところで同じ結果になると思いますか?
飲食店や小売の場合と、ITなどの中小企業で同じ内容の社員研修では意味がないのです。

ビジネスグランドワークスの場合「段階別研修」により会社の階級に合わせた研修内容はもちろん、「経営幹部育成コース」「時間管理術養成講座」などのテーマ研修も行っています。
さらに研修の内容や日程・場所など希望する内容に合わせた「オーダーメイド研修」などもあり企業が求める内容を実現してくれるので、効率のいい社員研修を行なうことに繋がります。
社内コミュニケーションのきっかけにもなるなど、会社としての動きにも繋がります。

ビジネスグランドワークスの社員研修は企業ごとに必要な内容を、研修を通して気付かせてくれる貴重な場です。
企業としてもっと成長したい!そんなあなたの会社にも是非ともおすすめします。

ビジネスグランドワークスの研修って厳しいの?

ビジネスグランドワークスの研修は基本的に3泊4日の合宿にて行われ、社会人として管理職としてリーダーとしての考え方や知識・実践などをみっちりと学ぶことができます。
合宿の研修ときくと「なんだかとても厳しそう…」と思ってしまう人もいるかもしれません。
ビジネスグランドワークスの研修は実際のところどうなのでしょうか。

ビジネスグランドワークスの研修は厳しい?

ビジネスグランドワークスの研修を実際に受けた人はいかのような感想を述べています。

罵倒の言葉がある?

罵倒というよりは少しきつめに伝えている言葉を過剰に取りすぎてしまっている結果です。
決して罵倒ではなく研修に参加している社員に対して、成長して欲しいという思いで行っているものです。

泣き出す人もいる?

実際に研修を受けて自分ができていなかった足りていなかった部分に気付き、感動して泣き出す人はいるのだとか。
確かに達成感を感じると嬉しくて涙が流れることもあります。

研修の内容に関しても事前に企業と相談した上で行っているので、決して独断や私情が入っているものではありません。
その為必要に応じてピックアップした内容を伝えているので研修自体が厳しいと感じることも気付きにはとても大切なことです。

ビジネスグランドワークスの研修は本当に厳しいのか?

ビジネスグランドワークスの研修は本当に厳しいのでしょうか。
基本の信念としているところは「意識行動剣客研修」になり通常の研修と比較するとたしかに多少厳しい部分はあるかもしれませんが、社会人として足りていない自分自身と向き合し、それを改善しようとすればある程度厳しい研修になるのは仕方がないといえるのではないでしょうか。
誰だって自分が苦手とすること、足りてない部分を指摘されるのはいい気分ではありません。

それでもそれに気付き変えたい・変わりたいという想いがあれば社会人としても実績を残すことに繋がります。
むしろ成長する為には、まずは自分自身を見直すことができないと結果に繋がるはずがないのです。

そもそも研修が甘いものであるのは間違えていると思いませんか。
研修とは本人の成長の場であり、研修を通して人間として新しい発見がないと意味がありません。
十人十色で感じ方は変わりますが実際に研修が厳しいと思わずに前向きに参加し「絶対に成長してやる」ぐらいの気持ちの方がいいと思います。
ビジネスグランドワークスの研修はそれに気付かせてくれるものです。

ビジネスグランドワークスの管理職研修のメリット

ビジネスグランドワークスでは段階別研修で「管理職クラス」の研修も行っています。

管理職とは主に係長・部長・課長のことをいいその所属している「部」や「課」の長として責任と仕事の権限を任されている人のことをいいます。
教育や判断なども行ないますので他の役職と比較しても給料形態も高く、とても重要な役割を担っている存在ともいえるでしょう。
何かトラブルが起きた時にも管理職に責任がありますのでその資質は充分に問われるものとなります。

ビジネスグランドワークスの管理職研修とは?

ビジネスグランドワークスで行っている管理職研修は下記の3種類のプランがあります

  • ・リーダーへの道コース 中堅社員や主任・係長向け
  • ・指導者への条件コース 次長・課長向け
  • ・問題解決思考力強化コース 部長・部門長向け

役職が違えばそれぞれに課題や目標だって違います。
その為管理職でも段階にわけて研修を行なうことでその部署で実際に問題になっている内容を見直す機会としているのです。

実際管理職になったからといってその役職に充分に見合った仕事ができている人ばかりではありません。
責務や任務、考え方がまだまだ未熟な人も多くリーダーの仕事の重要性がわからない人も多いのです。

管理職研修の「リーダーへの道コース」とは?

例えば「リーダーへの道コース」になるとビジネスグランドワークスの研修を受けることで5つのメリットがあります。

  • 1.指導する者・成果をあげる者の基本姿勢
  • 2.信頼されるリーダーの「考え方・行動の仕方」
  • 3.高いコミュニケーション能力(伝達・説得・調整)
  • 4.マネジメントスキルと力強いリーダーシップ
  • 5.明確な行動プランの作成力・実践力

など、管理者意識を持つことはもちろんさらに実務へと活かせるような知識や実践力を身につけて人間としても管理職としても成長できる研修となります。
実際に研修は3泊4日の合同研修にて行われ4日間みっちりと管理職とは何か?と学びます。
実際に研修を受けに来ている人たちも同じように管理職の人になるので、お互いに切磋琢磨しながら研修を乗り越える気持ちで頑張ります。
人脈も広がるなど他の企業とも交流を持つチャンスでもありますね。

管理職といえども名前だけ…なんて人もいるはずです。
会社は管理職さえ仕事ができていればまわるといわれるほどとても重要なポジションになります。
だからこそビジネスグランドワークスの管理者研修を通して管理者のノウハウについて真剣に学ぶことが大切です。

ビジネスグランドワークスの新人研修のメリット

新人研修の風景

ビジネスグランドワークスは「もっと社員がこうだったらいいのに」という会社の上司が感じる社員のマナーや常識・仕事に対する姿勢・能力など研修を通して伝える企業です。
階層別研修のなかには「新入社員研修」と称した「飛躍への近道コース」があります。

ビジネスグランドワークスの新人研修の目的は?

新人研修の内容として以下のようなものがあります。

  • 1.学生気分の払拭、社会人、組織人としての意識
  • 2.基本的なビジネスマナーを習得する
  • 3.基本的なビジネススキルを習得する
  • 4.基本的なヒューマンスキルを取得する
  • 5.研修で身につけた知識、スキルを職場で実践する
  • 大学を卒業して社会人としてデビューするとどうしても学生気分が抜けない社員もいますよね。
    時間が守れない・報連相ができない・サボりグセがあるなどいきなり社会人になったからといって誰でも気持ちが切り替わるわけではありません。
    ビジネスグランドワークスの新人研修はこのような学生から社会人になった人はもちろん、他業種からの中途採用なども含め「働くこととはどのようなものなのか」を教えてくれる場所でもあります。
    大学にいる時にSPIもやったし基本マナーは学んだつもりでも実際はできていない人も多いと感じませんか。
    会社で新人研修ができればいいのですが、小中企業など研修の時間を充分に取れない企業も多いものです。
    その分上司の仕事が圧迫されますし、会社で研修をしたからといって誰もが理想通りの社員になるとは限らないのです。

    ビジネスグランドワークスの3日間の研修とは?

    実際にビジネスグランドワークスの新人研修の内容は、約3日間に渡り行われます。
    教える→合格→次に進むという流れを行ないますので、合格しないと前に進めずまわりと比較しても遅れを取ることになります。
    なかには「仕事10則」といった仕事の基本となるノウハウを暗記するなんて研修もあるようです。
    ビジネスグランドワークスの新人研修はとてもハードなものではありますが、実際に研修を終えると人間としても社会人としても成長できたなんて声もあります。
    仕事とはなにかを考えさせてくれるいい機会にもなりますし、新人研修が頑張れたのだから会社でも充分頑張れるはずだと思いませんか。

    ビジネスグランドワークスの新人研修は成長できる場であること、短期間で行われ社会人として必要な内容を教えてくれるものです。
    会社で新人の研修に悩んでいる企業があればビジネスグランドワークスはとてもおすすめです。