ビジネスグランドワークスの研修って厳しいの?

ビジネスグランドワークスの研修は基本的に3泊4日の合宿にて行われ、社会人として管理職としてリーダーとしての考え方や知識・実践などをみっちりと学ぶことができます。
合宿の研修ときくと「なんだかとても厳しそう…」と思ってしまう人もいるかもしれません。
ビジネスグランドワークスの研修は実際のところどうなのでしょうか。

ビジネスグランドワークスの研修は厳しい?

ビジネスグランドワークスの研修を実際に受けた人はいかのような感想を述べています。

罵倒の言葉がある?

罵倒というよりは少しきつめに伝えている言葉を過剰に取りすぎてしまっている結果です。
決して罵倒ではなく研修に参加している社員に対して、成長して欲しいという思いで行っているものです。

泣き出す人もいる?

実際に研修を受けて自分ができていなかった足りていなかった部分に気付き、感動して泣き出す人はいるのだとか。
確かに達成感を感じると嬉しくて涙が流れることもあります。

研修の内容に関しても事前に企業と相談した上で行っているので、決して独断や私情が入っているものではありません。
その為必要に応じてピックアップした内容を伝えているので研修自体が厳しいと感じることも気付きにはとても大切なことです。

ビジネスグランドワークスの研修は本当に厳しいのか?

ビジネスグランドワークスの研修は本当に厳しいのでしょうか。
基本の信念としているところは「意識行動剣客研修」になり通常の研修と比較するとたしかに多少厳しい部分はあるかもしれませんが、社会人として足りていない自分自身と向き合し、それを改善しようとすればある程度厳しい研修になるのは仕方がないといえるのではないでしょうか。
誰だって自分が苦手とすること、足りてない部分を指摘されるのはいい気分ではありません。

それでもそれに気付き変えたい・変わりたいという想いがあれば社会人としても実績を残すことに繋がります。
むしろ成長する為には、まずは自分自身を見直すことができないと結果に繋がるはずがないのです。

そもそも研修が甘いものであるのは間違えていると思いませんか。
研修とは本人の成長の場であり、研修を通して人間として新しい発見がないと意味がありません。
十人十色で感じ方は変わりますが実際に研修が厳しいと思わずに前向きに参加し「絶対に成長してやる」ぐらいの気持ちの方がいいと思います。
ビジネスグランドワークスの研修はそれに気付かせてくれるものです。

SNSでもご購読できます。