マネジメント力が磨けるビジネスグランドワークスの社員教育

業績の向上や社員の育成にも必要なマネジメントスキル。

元々備わっているという方もいるでしょうが、それでも企業の現状に合わせて力を発揮するには自分磨きが必要です。

我流であがいても身につかない部分でもあるので、経験を積み重ねてスキルを磨きたいもの。

そんな時に、ビジネスグランドワークスの研修を利用すると、マネジメントスキルがアップして、実務に活かされる状況が作れます。

ここでは、マネジメント研修にも力を入れているビジネスグランドワークスの魅力をご紹介します。

マネジメントスキルとは

ビジネス向けの書籍を見ても、「マネジメント」というキーワードを見かけることは多いはず。

でも、どのようなスキルを指すのかがぼんやりしかわかっていないという人も多いです。

マネジメントとは、アメリカの経営学者であるP.F.ドラッカーが提唱したもので、2000年以降一気に広がりを見せています。

ビジネスにおいてマネジメントは経営や管理を指示しており、そのスキルを磨くことで企業の活性化が図れるというイメージが強くなっています。

経営や管理のスキルは、管理職であれば必然的に身につけなければなりません。

ただし、育成のためのシステム整備が不十分であるほどに、どのように育てていけばよいかがわからないという状態に陥ってしまいます。

組織の中でも責任の重い立場になる職員は、何とか企業のために頑張りたいともがくもの。

でも、どうやって行動すればよいかがわからなければ、企業にとってプラスとはなりません。

そこで、ビジネスグランドワークスはマネジメントスキルを磨くための研修を用意し、経営や管理に対する育成を図っているのです。

マネジメントが必要な場面

主に管理職が担う必要があるマネジメントスキルですが、職場でそのスキルが必要になる場面は様々です。

◆部下に対して
安心して仕事が任せられるように成長させるためにも、マネジメントスキルが必要です。

昨今は部下に対する接し方に注意しなければ、思わぬ責任を負わされてしまうこともあります。

こうしたリスクを避けながら人材育成を行うのはとても大変です。

■厳しいことを言えない
■度が過ぎるとパワハラで訴えられる
■うまく育てることができない

といった悩みを抱えている方にとっては、マネジメントスキルを磨くことは急務なはずです。

◆部署としての活動に対して
部署を取りまとめる立場にあるような人は、将来のビジョンを思い描くスキルが必要です。

そのうえで、適材適所を考えて仕事を割り振りする力が問われます。

ワンマン経営にならないよう、きちんと現場を見極める力が無ければ成功へと進むことはできません。

◆他部署や外部などの自分の部署以外に対して
同じ部署ではうまくいくことでも、考え方が違う他部署や外部との連携を図らなければ目標を達成できないということは珍しくありません。

いかにして効率的に成果を上げるかは、マネジメントスキルの有無によって結果が異なります。

ビジネスグランドワークスはマネジメントスキルを磨く

現場で直面する事態に対応できるだけの知識や技術をしっかりサポートするビジネスグランドワークスの研修。

マネジメントスキルという観点から、管理職が困っている問題を取り上げて一つずつ紐解いていきます。

現場の声を大切にするので、どのような点を取り上げてほしいかを事前に伺って研修を組み立てることも可能です。

企業としてマネジメントの面で何が足りないかを考えることは、強みを作るきっかけにもなります。

今までは目を背けていた問題を解消することで、現場の働きやすさが向上するという副次的効果も期待できます。

周囲と同じ目標に向かって仕事ができるというのは、とても幸せな環境です。

その理想に近づくためにも、ビジネスグランドワークスではマネジメントの力をつけて、全社員が精力的に働ける環境づくりをするための基盤を支えているのです。

リーダー発掘にも貢献してくれる

ビジネスグランドワークスは、次世代を担う若きリーダーを見定めると金も使えます。

経営に精通しているかや、未来のビジョンが明確化されているかなど、コンセプトを決めて育成の軸を作ることも可能です。

せっかくなら未来を任せられる人材を育成するためにも、このような研修の機会を考えてみてください。

自己ビジョンを持って仕事に携わることができるようになれば、今までよりも生産性がアップしたり目標値を高く設定して行動することができたりと、いいことがいっぱい待っています。

経営のトップだけがマネジメントに精通しているよりも、管理するスタッフに広くマネジメントスキルを伝達できるようになれば、企業としての成長は容易に想像できます。

使い方は様々ですが、マネジメントから社員の可能性を見守ってみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。