企業のメリットを大きくするビジネスグランドワークスの支援

研修は受講するだけでは意味がなく、それを普段の仕事に使うことができて初めて意味を成すもの。

ビジネスグランドワークスの研修は、現場ですぐに役立つようなものばかり。

企業へメリットをたっぷりと注いでくれる「生きた学習」を欲するなら、ビジネスグランドワークスの研修を経験するべきです。

ここでは、ビジネスグランドワークスの研修が企業にとってどのような影響を与えてくれるかをご説明します。

正しい知識と技術を教えてくれる

社員研修は自社で賄うのは大変ですし、参加者ごとに変化させるのは困難なこともあります。

本来の業務をやりながら研修の準備をして運営までも担うとなると、担当者には計り知れない負担が生じます。

一方、外部委託にすることで、研修の質はどのようになるでしょうか?

確かに費用はかかるかもしれませんが、参加者にとって有益な情報がたくさんもらえて、常に新たな情報をアップデートすることもできます。

依頼する側の意向も汲み取ってくれて、今聞きたい情報をダイレクトに伝えてくれます。

社員研修を行う上で、どちらがメリットが大きいかというと、当然ながら外部委託を行って研修のプロに色々な角度から情報を与えてもらう方が効果的です。

それに、参加する社員が多いほど、伝えたい情報が共有できます。

ビジネスグランドワークスのような実践型研修を行うのであれば、実際に受講者が講師のアドバイスに沿って行動を起こしながら覚えることができるので、次の日からすぐに取り入れられるものもあります。

現場で使える知識や技術を最短で身に着ける方法を実践するのは、ほかとは違ったサービスに思えるでしょう。

ロールプレイは貴重な体験となる

ビジネスグランドワークスは研修の中にロールプレイを積極的に取り入れます。

実際に行動してみて気づくことも多く、現場に即した状況で実践が繰り返されるので、ロールプレイを行っている本人だけでなく、客観的に見ている人にとっても勉強になります。

ロールプレイの大きなメリットは、
■自分の立ち振る舞いだけでなく、ほかの人の行動や言動が参考になる
■研修中に必要なスキルを身に着けることができる
■足りない部分を指摘し合って、高め合うことができる
■率直な質問を講師にぶつけることもできる

こういった、「聞く」スタイルの研修ではわからなかった部分が浮き彫りになります。

社員研修は眠くなるという王道のパターンからはかけ離れた体験が、ビジネスグランドワークスが展開する研修では待っています。

きっとギャップに驚くでしょうが、革命的な違いを感じる人も多いです。

これからを考えた研修が行われる大切さ

ビジネスグランドワークスは、企業のメリットを大きくするためのお手伝いをしてくれます。

どんな問題を抱えているかをヒアリングすることで、現場に足りない何かを見つけます。

そして、問題を解決するために必要な社員の知識や技術を研修で補うことで、新たな突破口を見つけることができます。

生産性やチームワーク、社会人としての心得や企業の一員としてのマインドなど、社員一人一人の成長を願って研修を組み立ててくれます。

◆完全オーダーメイドが違いを作る
ビジネスグランドワークスの研修は、企業の状況を把握して研修を考えます。

参加する社員がどのような悩みを抱えているかを把握したり、企業として何を学んでほしいかも丁寧に聞き取ります。

情報収集を行って最適な研修を考えるので、参加者の満足度は抜群に高いです。

すでに知っているという情報だけだと、退屈な時間ばかりが流れます。

一方、活発に議論を重ねながら問題を小さくする作業が研修で行われるのであれば、日ごろの疑問や不安を解消できるはずです。

それは、企業に合わせたオーダーメイドだからこそできることです。

◆ヤル気を高めるこだわりの内容
ビジネスグランドワークスの研修を受講するとわかるでしょうが、驚くほど時が経つのが早く感じるはずです。

1日じゅう研修を受けていたとしても、普通に仕事をしているときよりも早く感じるのではないでしょうか。

それは、研修が充実している証拠でもあるのです。

真剣に聴講し、考えながら行動するロールプレイを経て、これからに繋げる知識や技術を取得すると、自然と仕事のヤル気がアップします。

いつも以上に頑張りたくなる気持ちを養うのも、社員研修を行うメリットです。

企業の成長を左右するのは、ほかでもない社員の力です。

マンパワーが強くなるのも魅力でしょうし、部門としての成長も感じられるようになると、もっと違うことができるかもしれません。

新たな可能性を考えられるようになるのも、研修前後で振り返ってみましょう。

すると、ビジネスグランドワークスを利用した効果が判定できます。

SNSでもご購読できます。