ビジネスグランドワークスの社員研修は他の社員研修と比較してどう?

ビジネスグランドワークス社員研修は成長できるいい機会ではありますが、実際のところ他の企業が行っている社員研修とはどうちがうのでしょうか。
実際に社員が成長できるのはどっちの研修になるかなどこれから検討している場合は誰だって気になるはずです。
研修内容に一体どんな違いがあるのでしょうか。

ビジネスグランドワークス社員研修と他の企業の社員研修の違い

まず教育型の研修を行っている企業はビジネスグランドワークス社員研修以外にもたくさんあります。
いずれも研修内容を選べて決まった時間に研修場所に訪れて、専門の講師の話を聞きながらメモを取りなかには研修終了後、どの程度理解できたのかテストや感想文などを提出する「知識集積型研修」となります。参加している社員も意見を述べる場はありますが、
何も発言しなくともその場にいけば研修を受講した=理解したと判断される場合がほとんどです。
この場合研修の後はなんとなくモチベーションが上がりやる気がでたような気持ちになるのですが、実際にそれを実践に移そうとしても思うように形にできない人も多いはずです。あくまでも社会人としての知識を詰め込んだものというのが正しい表現でしょうか。

それに対してビジネスグランドワークス社員研修の場合、まずはただ聞いていれば終わる「知識集積型研修」ではなく「実績型研修」となります。
自分から意見を発言すること声に出さないと研修に参加しているとはみなされません。
知識を取り入れた後はどのぐらい理解できているのか、実践できるのかをビジネスグランドワークス社員研修を通して体に覚えさせます。
その為、研修が終わって会社に戻った後も実務に活かしやすく社員の能力向上はもちろん、すぐに実践できる即戦力なども身につきます。
これがビジネスグランドワークス社員研修の他の企業との大きな違いです。

ビジネスグランドワークス社員研修のやり方は正しいのか?

ビジネスグランドワークス社員研修の方法や内容を聞くと「え!?」と驚いてしまう人もいるでしょう。
それだけ日本人の教育は基本的に受け身のものが多く、小中高大と講義を聞きテストさえクリアできれば何も問題がないとされてきたのです。
ですがアクティブラーニングが若い世代に当たり前となった今、ビジネスグランドワークス社員研修のような自分の意見を述べて積極的に行動する、
考える事の重要性がより求められています。今の20代・30代はこれが弱い人も多いのでビジネスグランドワークス社員研修に参加することはいい機会になるかもしれません。

ビジネスグランドワークス社員研修は他の企業が行なう研修とは大きく異なります。
だからこそ社員のモチベーションに繋がり成長にも繋がるなど、研修の成果を実感しやすいのです。

SNSでもご購読できます。