ビジネスグランドワークスの管理職研修のメリット

ビジネスグランドワークスでは段階別研修で「管理職クラス」の研修も行っています。

管理職とは主に係長・部長・課長のことをいいその所属している「部」や「課」の長として責任と仕事の権限を任されている人のことをいいます。
教育や判断なども行ないますので他の役職と比較しても給料形態も高く、とても重要な役割を担っている存在ともいえるでしょう。
何かトラブルが起きた時にも管理職に責任がありますのでその資質は充分に問われるものとなります。

ビジネスグランドワークスの管理職研修とは?

ビジネスグランドワークスで行っている管理職研修は下記の3種類のプランがあります

  • ・リーダーへの道コース 中堅社員や主任・係長向け
  • ・指導者への条件コース 次長・課長向け
  • ・問題解決思考力強化コース 部長・部門長向け

役職が違えばそれぞれに課題や目標だって違います。
その為管理職でも段階にわけて研修を行なうことでその部署で実際に問題になっている内容を見直す機会としているのです。

実際管理職になったからといってその役職に充分に見合った仕事ができている人ばかりではありません。
責務や任務、考え方がまだまだ未熟な人も多くリーダーの仕事の重要性がわからない人も多いのです。

管理職研修の「リーダーへの道コース」とは?

例えば「リーダーへの道コース」になるとビジネスグランドワークスの研修を受けることで5つのメリットがあります。

  • 1.指導する者・成果をあげる者の基本姿勢
  • 2.信頼されるリーダーの「考え方・行動の仕方」
  • 3.高いコミュニケーション能力(伝達・説得・調整)
  • 4.マネジメントスキルと力強いリーダーシップ
  • 5.明確な行動プランの作成力・実践力

など、管理者意識を持つことはもちろんさらに実務へと活かせるような知識や実践力を身につけて人間としても管理職としても成長できる研修となります。
実際に研修は3泊4日の合同研修にて行われ4日間みっちりと管理職とは何か?と学びます。
実際に研修を受けに来ている人たちも同じように管理職の人になるので、お互いに切磋琢磨しながら研修を乗り越える気持ちで頑張ります。
人脈も広がるなど他の企業とも交流を持つチャンスでもありますね。

管理職といえども名前だけ…なんて人もいるはずです。
会社は管理職さえ仕事ができていればまわるといわれるほどとても重要なポジションになります。
だからこそビジネスグランドワークスの管理者研修を通して管理者のノウハウについて真剣に学ぶことが大切です。

SNSでもご購読できます。